タグ:ホテル

    スイスホテル南海大阪がソチ五輪記念「雪だるまカクテル」
    2014.1.22 19:35
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/140122/bsd1401221936022-n1.htm
    yukidaruma
     スイスホテル南海大阪(大阪市中央区)は、2月7~23日の期間限定でソチ五輪を記念する特製カクテル「雪だるまカクテル」を、10階のスポーツバー「ナンバー10」で販売する。

     雪と氷を表現した青いカクテルと、日の丸カラーが鮮やかなノンアルコールカクテルの2種類で、いずれも1800円(税・サービス料別)。国旗を掲げたマシュマロの雪だるまも載せ、見た目にも楽しい工夫を凝らした。

     キュラソーやパイナップルジュースなどを混ぜたアルコール入りは爽やかな甘さ。ノンアルコールはイチゴシロップやクランベリージュースで甘酸っぱい味わいに仕上げている。

     店内では五輪競技もテレビ放映。同ホテルは「応援ムードを盛り上げる飲み物として楽しんでほしい」(広報)と話している。

    1 名前:うっしぃじま悪い肉φ ★[] 投稿日:2014/01/22(水) 16:25:05.68 ID:???
    ★食品偽装のレストランに返金を求めに来たのはどんな人?
    hankyuhotel
     昨年末、阪急阪神ホテルズが端を発した食品偽装問題によって、多くのホテルや百貨店でも類似の偽装が明らかになった。中でも高級食材を偽装したケースが目についたのは記憶に新しい。

    一例を挙げるとバナメイエビには芝エビ、レッドキャビアにはトビウオの卵を使用するなど、阪急阪神ホテルズが運営するホテル内のレストラン、宴会場など23店舗でメニュー表記と異なった食材が提供されていた。

     そこで、同社は10月22日の記者会見で、利用した客に対して期限を設けずレシートなしの返金を発表。
    この偽装が行われていたのは2006年3月頃からと言われており、述べ7万9000人に提供されていたことになる。
    同社の試算によると返金総額は約1億1000万円。会見から一夜明けると、ホテル側には300件を超える苦情や問い合わせが寄せられ従業員は対応に追われたそうだ。

     レシートなしの返金対応と言えば2002年、大手スーパー西友の牛肉偽装を思い起こす。埼玉県にある狭山市駅前店と、札幌市にある元町店の2店舗が牛肉の産地偽装をし、元町店では大騒動に発展。販売額の約4倍もの返金対応となってしまった。実際には買ってもいないのに返金申し出をしていた「なりすまし」が数多くいたのだ。

     今回の件も阪急阪神ホテルズは「性善説」に頼ったレシートなし返金対応をしているが、申し出した客すべてに返金をしているわけではない。

    「2年間、毎週通ってオムライスを食べていた。50食分の代金を返金して欲しい」

     こういった荒唐無稽な苦情もあるほどで、「なりすまし」を避けるためにホテル側は予約台帳や会員カードなどで履歴を照会したり、申し出た客に対してしっかりとした聞き取りを行っている。長年、阪急阪神ホテルズを利用しているというAさん(60代男性会社経営)は今回のホテル側の対応についてこう話す。

    「実はこの問題が起きた時に、阪急阪神から電話があったんや。こっちからは何も連絡してないのにな。『この度はご迷惑をかけて申し訳ありません』って。そこで説明されてんけど、どうやら予約履歴とかで調べてるみたいやな。それで対象になる人間にまず電話をかけて謝ってたみたいやわ」

     Aさんは自社の歓送迎会や顧客の接待でも、阪急阪神ホテルズ傘下のホテルを利用する上客だ。そのAさんは返金の申し出はしていない。

    「『電話がかかってきたときに返金します』って言われてんけど返金には行かんかったわ。はっきりってこんなこと、どこのホテルもやってるでしょ? いちいちそんなことに目くじらたてもしょうがないわ」

     そう言ったAさんは今後も阪急阪神ホテルズを利用し続けるそうだ。

     しかし、同社傘下のホテル側の対応に不満を覚える利用客も多い。
    取材班は実際にレストランで張り込みを行い、やって来た方々に話を聞いた。(続く)

    <取材・文/SPA!大阪食品偽装問題追及班> http://nikkan-spa.jp/572423

    続きは>>2-4


    【【食品偽装】 レストランに返金を求めに来たのはどんな人? 阪急阪神ホテルズの返金対応に不満を覚える利用客も】の続きを読む

    1 名前:諸星カーくんφ ★[sage] 投稿日:2014/01/13(月) 18:25:56.70 ID:???
    ソース(MSN産経ニュース) 
    http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/140113/wec14011318010004-n1.htm
    図表 http://sankei.jp.msn.com/images/news/140113/wec14011318010004-l1.jpg
    hotel
     関西で高級ホテルの進出が活発化している。昨年6月にオープンした「インターコンチネンタルホテル大阪」に続き、3月には日本一の超高層ビル「あべのハルカス」に「大阪マリオット都ホテル」が開業。

     京都や奈良といった観光地を抱え、訪日観光客の人気が高い関西だが、高級ホテルの数は少なく、進出余地が大きいことが背景にある。ただ、客室総数が急増する今年を「2014年問題」として供給過剰を懸念する声もあり、ホテル間の競争激化は必至だ。

    ■期待と不安が交錯

     「ホテル間の顧客争奪戦が本格化するはずだ」

     「関西全体の集客力の増加につながる」

     関西のホテル業界では高級ホテルの進出ラッシュをめぐり、「期待」と「不安」が交錯している。

     大阪市内ではインターコンチネンタルホテル大阪や平成9年の開業以来、高い人気を誇っている「ザ・リッツ・カールトン大阪」に加え、朝日新聞社が建設中で29年に完成予定の「ツインタワー」にも高級ホテルを誘致する方針だ。

     さらに3月にはこれまで高級ホテルの“空白地”だった大阪市内の天王寺・阿倍野地区に、大阪マリオット都ホテルが登場する。

     国内随一の観光地でありながら高級ホテルが少なかった京都でも今年から来年にかけて、「ザ・リッツ・カールトン京都」と「フォーシーズンズホテル京都」という外資系高級ホテルが相次いで開業する予定で、まさに進出ラッシュの様相を呈している。

    ■高い潜在能力

     関西は京都や奈良など歴史・文化遺産が集中する観光都市を持つ国内屈指の観光エリア。関西国際空港が格安航空会社(LCC)の増便や新規就航を通じ、関西への表玄関としての存在感を増す中、外資系高級ホテルを中心に、関西の潜在能力の高さに目を付け、海外からの観光客、特に富裕層の受け皿を目指していることが進出ラッシュの要因となっている。大阪マリオット都ホテルは外国人利用者を全体の3割とする目標を掲げているほどだ。

     24年の訪日外国人の都道府県別訪問率は、大阪府が24%と東京都(51・3%)に続く2位。訪日外国人の4人に1人が大阪府を訪れたことになる。京都府は3位の17・3%と高い水準を保っており、「外国人に根強い人気を誇る」(政府観光局)ことも関西の潜在力の高さを物語る。

     関空を運営する新関西国際空港会社が発表した平成25年度上半期(4~9月)の運営概況(速報値)によると、関空の国際線の外国人旅客数は前年同期比27%増の245万222人と、過去最高を記録。経済成長が続く東南アジアの富裕層の訪日も増えており、狙い通りの展開となっている。

    (>>2以降に続く)


    【【大阪】関西の高級ホテルが怖れる「2014年問題」…インターコンチ、マリオット、フォーシーズンズ、外資進出ラッシュで供給過剰に】の続きを読む

    1 : ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★:2014/01/07(火) 13:52:32.52 ID:???0
    ★違法格安“韓国人専用”ホテル摘発、大阪のど真中で「1泊2500円」の“異様”…溢れるハングル、日本人には意味不明
    2014.1.7 07:00
    waf14010707000000-p1
    大阪で堂々と営業していた違法な“韓流ホテル”が摘発された。大阪府警は昨年秋、韓国人旅行者向けに格安ホテル「コニテル」を無許可で営業したとして、旅館業法違反容疑でホテル経営の韓国籍の男(30) =大阪市浪速区=を逮捕した。

    男は賃貸用マンションなど3棟の約40室をホテルとして使用していたのだ。
    宿泊客のほとんどが韓国人旅行者で、従業員も韓国人、関係書類も全てハングルで書かれているほど徹底した韓流ぶりだった。在日コリアンが全国で最も多い大阪。なかば当たり前になったハングルの風景の中で、コニテルは大胆な違法営業を続けていた。

    ◆1泊2500円の超破格値
    「帳簿もハングルで書かれとって、日本語の部分がないんですわ。専門の捜査員に解析してもらわんと詳細はわかりません」

    大阪府警南署が男の逮捕を昨年10月に発表した際、徹底した韓流ホテルぶりに同署幹部は苦笑いをみせていた。
    発表で宿泊料を説明する際も「ウォンは今、何円ぐらいやったかな」と為替の計算が始まった。

    府警などによると、男は平成23年6月ごろから営業を開始。大阪市浪速区内の賃貸用マンションなど3棟の37室をホテルとして使用していた。別の建物もホテルとして使っていた可能性があり、府警が調べを進めている。

    宿泊料金は1泊約2500円と超破格値だったため、韓国内では口コミで「格安ホテル」として知られていたという。(以下略)

    http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140107/waf14010707000000-n1.htm
    無許可ホテル「コニテル」の本館。ハングルの看板が立てられ、カタカナが添えられているが、外からではホテルとはわからない。しかし韓国人観光客には格安ホテルとして知られていた=大阪市浪速区
    http://sankei.jp.msn.com/images/news/140107/waf14010707000000-p1.jpg

    7 :名無しさん@13周年:2014/01/07(火) 13:54:26.39 ID:c4omMDut0
    >>1
    なんですと?
    これは大罪

    8 :名無しさん@13周年:2014/01/07(火) 13:54:29.15 ID:Tc/zUnOZ0
    泥棒の拠点

    10 :名無しさん@13周年:2014/01/07(火) 13:54:33.41 ID:MdY4Bny50
    潜伏先

    【【大阪】“韓国人専用”ホテル摘発、大阪のど真中で「1泊2500円」の“異様”…溢れるハングル、日本人には意味不明】の続きを読む

    1 名前:うっしぃじま悪い肉φ ★[] 投稿日:2013/12/15(日) 15:53:49.57 ID:???
    ★「あちらにはスパークリングでいい」 食材偽装・高級ホテルは客を“選別”
    giso2
     ホテルのレストランのメニューに端を発した食材の偽装表示問題。

     その後、百貨店や高級料亭などにも広がり、ブランドへの信頼を傷つけ、各業界の認識の甘さが浮き彫りになった。
    一連の取材からは、ホテルの“裏の顔”が浮かび、高級店や人気店舗に潜んでいた「ゆがんだおもてなし」の一端もうかがえた。

    ■「あちらにはスパークリングでいい」

     シャンパングラスの底から立ちのぼる泡の向こうに、眼下に広がる大阪の夜景が揺れる。
    ある超一流ホテルの高層階にある「クラブラウンジ」。
    瀟洒(しょうしゃ)なドレスやスーツに身を包んだ客らが、特別な夜を楽しむスペースだ。

     しかし、給仕を担当していたホテル関係者の証言からは、ホテルの“裏の顔”が浮かぶ。
    ラウンジのバックスペースでは、従業員の間でこんな会話が交わされていたという。

     「シャンパンのご注文ですが…」
     「あちらには、スパークリング(ワイン)でいい」

     関係者が打ち明ける。
    「シャンパンの注文を受けても、客を見てスパークリングワインを出すよう、マネジャーから指示された。
    グラスに入れて持っていけば、どうせお客さんも分からないと…」。
    違いの分からなさそうな客を選び、ないがしろにするような悪質な行為が存在していたことを明かす証言だ。

     シャンパンは、フランス・シャンパーニュ地方でつくられたスパークリングワインを指し、同国の原産地呼称管理法の規定を満たしたものだけが「シャンパン」と称することができる。
    価格差は歴然で、同国産の一般的なスパークリングワインが1本千円程度なのに対し、シャンパンは数千~数十万円もする。

    ■客の“選別”

     ホテルではどうやって客を選んでいたのか。証言によると、インターネットの予約サイトを通じて正規よりも割安な価格で宿泊していた客は、軽く扱っていた。ラウンジの入店時に予約の経緯が分かる仕組み。
    ホテル入店時にサービスされることがあるウエルカムドリンクも、うやうやしく「シャンパンでございます」と言いながら、スパークリングワインを提供していたという。

     一方で、常連客や社会的地位の高い「VIP」にはシャンパンを出す。
    関係者は「選別の目的はコストカットで、上からの指示。
    舌の肥えていそうな客には、ちゃんとシャンパンを出していた」と話す。

     産経新聞では、こうした証言についてホテル側に取材を申し込んだが、ホテル側は「お話できることはない」と応じなかった。

     しかし、別のホテル関係者も、シャンパンの選別提供について「聞いたことがある」と打ち明けた。

     証言したホテル関係者は唇をかんだ。「このホテルの従業員であることに、誇りがあった。だからこそ、こんなことをしていたのが悔しいし、情けない」(続く)

    産経新聞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131215-00000518-san-soci

    続きは>>2-4


    【【偽装表示】 「シャンパンの注文を受けても、割安価格の宿泊客にはスパークリングでいい」 食材偽装・高級ホテルは客を“選別”】の続きを読む

    1 名前:諸星カーくんφ ★[sage] 投稿日:2013/12/14(土) 15:00:19.09 ID:???
    ソース(MSN産経ニュース) 
    http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/131214/waf13121412000018-n1.htm
    写真=記者会見で謝罪する阪急阪神ホテルズの幹部ら。各地で相次いだ偽装問題の会見では「故意の偽装はなかった」との言葉が繰り返されたが、現場の従業員たちからは「お客さまをバカにしている」との声も上がっていた
    http://sankei.jp.msn.com/images/news/131214/waf13121412000018-p1.jpg
    hansin (1)
     「嫁も子もいる。生活もある。だが料理人として許せなかった」。ある名門ホテルの食材偽装表示を告白した関係者はこう語った。
    ホテルのレストランメニューに端を発した食材の偽装表示問題。消費者を欺き続けた偽装は、全国各地のホテルレストランや百貨店、高級料亭などにも拡大した。日本が誇る「食の安全」をも揺るがしかねない事態は、業界の認識の甘さがもたらした。そして、問題発覚のきっかけとなったのは会社側による調査だけでなく、料理人たちの「告発」によるものもあった。

    ■「こんなところで働いていたのか」

     本紙に対しても、さまざまな意見とともに、関係者から多数の告発が寄せられた。目立ったのは「あの店でも偽装がある」といった話だが、内部からの申告も少なからずあった。

     偽装が発覚したホテルの記者会見では、経営者らが当初「故意の偽装はない」「お粗末なミス」と繰り返したが、あるホテル従業員は「あの会見は、あまりにお客さまをバカにしている。総料理長や総支配人が知らないはずがない」と怒りをあらわにした。不信感を持ったのは、消費者だけではなかったのだ。

     別の関係者は「調理場に入る従業員なら誰でも知っている。なのに何で、誰も何も言わないのか」と嘆いた。「自分はこんなところで働いていたのか」。告発者たちも、名門ホテルの一員としての誇りを持っていただけに、客を欺く行為を重ねてきたことに忸怩(じくじ)たる思いがあった。

     ホテル関係者らに取材を重ねて感じたのは、経営陣と、従業員らとの間に吹く微妙なすきま風だ。組織に対する無批判な従属と、閉鎖的な体質が不正の温床となる-。これまでも企業の不祥事が発覚するたびに指摘されてきた構図が、この業界にもあった。
    企業犯罪の捜査に携わってきた検察幹部は「人は場当たり的で、何となく一線を越える」と指摘する。

    ■メニューには美辞麗句、最後は嘘…

     学識者らは、「商道徳が希薄になっている」ことが一番の問題だと指摘する。「嘘をついてでも実態より良く見せよう」という発想は、商売の根幹を揺るがすという警告だ。

     元流通科学大教授の吉田時雄氏(経営思想)は「『嘘をついてはいけない』というのは商売の基本だ。ブランドの本質は信用だ。それを守る意識がわかっていたら、こんなことはできないはずだ」と話した。

    (>>2以降に続く)


    【【社会】食材偽装「告発者」の憂鬱…「妻も子もいる。だが料理人として許せなかった」「あの会見はお客さまをバカにしている」】の続きを読む

    1 : ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2013/12/10(火) 20:21:02.67 ID:???0 BE:411505834-PLT(12557)
    abeno3
    日本一の高さの超高層ビル「あべのハルカス」(地上60階地下5階、大阪市阿倍野区)の上層階に入り、来年3月7日にオープンする「大阪マリオット都ホテル」の施設が10日、報道陣に公開された。晴れた日には、客室などから淡路島や明石海峡大橋を見渡せる。

    「マリオット」ブランドのホテルは関西初進出で、近畿日本鉄道の子会社が運営する。
    フロントや客室は床から天井までのガラス張りになっている部分があり、眺望が楽しめる。
    フロントがある19階は約7メートルの吹き抜けがあり、90席のラウンジが併設される。

    客室は38~55階に360室あり、最上階のインペリアルスイート(162平方メートル、35万円)では、リビングやバスルームからの高さ約260メートルの眺望が売りだ。
    一般客室の1室の正規料金は3万5000円。

    *+*+ 毎日jp +*+*
    http://mainichi.jp/select/news/20131211k0000m040049000c.html


    2 :名無しさん@13周年 2013/12/10(火) 20:22:20.75 ID:uSGxqOnQ0
    マリオットブランド掲げても、都ホテルじゃないですかヤダー。


    だいたい、阿倍野なんかで泊ってどこ行けってんだよ。

    9 :名無しさん@13周年 2013/12/10(火) 20:27:54.09 ID:xTjy026f0
    >>2
    新世界

    57 :名無しさん@13周年 2013/12/10(火) 21:04:39.17 ID:qFgCAQNW0
    >>2
    四天王寺界隈にお参り

    【【社会】あべのハルカス、「淡路島も眺望」…日本一高層階ホテル公開】の続きを読む

    1 :うっしぃじま悪い肉φ ★ 2013/12/01(日) 17:28:28.74 ID:???
    ★食材虚偽表示のTDRホテル お詫び文がサイトから消えた

     阪急阪神ホテルズや高島屋など、有名企業で次々と発覚している食品偽装問題。
    どの社もHPで偽装についての説明とお詫びを掲載しているが、5月に偽装を公表した東京ディズニーリゾート(TDR)のホテル運営会社ミリアルリゾートホテルズが、わずか1カ月でその文書をサイトから削除していたことがわかった。

    「食品偽装問題は、東京ディズニーランド内のレストランで安価な『紅ズワイガニ』を高級食材の『ズワイガニ』として売っていたことを5月17日にオリエンタルランドがHPで発表し、30日にはミリアルが運営する3つのホテルのレストランなどで『ブラックタイガー』を『車海老』として販売するなど計4つの偽装があったと発表したのがきっかけです」(全国紙記者)

    公表と同じ5月30日、同社はHPにお詫びの文書を記載。
    問い合わせ先の電話番号も表示していたが、7月1日にはこの文書を削除していた。

     ミリアルはオリエンタルランドが100%出資する子会社。
    親会社のオリエンタルランドはHPでお詫び文書の掲載を継続している。
    利用客への返金も終わっていないとみられるが、なぜ削除したのか。ミリアルに聞くと、「全国紙でも報道され情報が行き渡り、問い合わせも減ってきたためです。当社の判断で7月1日に削除しました」との回答。この判断は妥当なのか。

    「偽装表示に関する公表文書を削除しても罰則はないが、道義的な問題として最低半年は告知しておかなければ誠意は見えません」(食品表示アドバイザー・垣田達哉)

    景品表示法により、“不当表示”が認定された事業者には、消費者庁が再発防止などを求める措置命令を出すが、実際にはどんな表示をすれば違反になるのか明確な定義はなく、過去に刑事罰が科されたのは1件のみ。
    それが食材偽装の温床になったと言える。

    「消費者庁は阪急阪神ホテルズなど3社を対象に立ち入り検査を実施し、12月中旬には罰則を含めた措置命令を出す予定です。ただTDRのホテルには何のお咎めもありません」(前出・記者)

    相次ぐ食材表示問題を受け菅義偉官房長官は11月21日、来年にも景品表示法を改正する方針を表明したが、何より求められるのは企業としての真摯な態度ではないか。

    週刊文春 http://shukan.bunshun.jp/articles/-/3395



    【【偽装表示】 食材虚偽表示のTDRホテル お詫び文がサイトからわずか1カ月で消えた 専門家「最低半年は告知しなければ誠意見えない」】の続きを読む

    1 :やる騎士 ◆2Yg.AHooj6 @やるっきゃ希志あいのφ ★ 2013/11/28(木) 11:39:56.24 ID:???
    enkai
    「喉元すぎれば」のことわざではないが、全国で広がるホテルの食品偽装問題も年末の忘年会シーズンを前にかき消されそうな気配である。

    メニューの虚偽表記が明るみになった大手ホテルチェーンの営業担当者が声を潜めていう。
    「今年はアベノミクス効果で会社主催の大規模な忘年会予約がたくさん入っています。特に12月13日と20日の金曜日は早くから埋まってしまい、宴会場はどこも空いていない状況です。幸い、誤表記の公表後に大口のキャンセルもなく、企業の財布のヒモは緩いまま。正直ホッとしていますよ」

    一連の問題のきっかけをつくった阪急阪神ホテルズでは宴会予約のキャンセルが相次いだとの報道もあったが、次々と発覚する他ホテルへの影響はさほど大きくなかったということか。
    12月中旬に50人規模の忘年会を予定しているという自動車関連メーカーの社員が語る。
    「ウチが予約を入れたホテルも誤表示を公表したので、社内でキャンセルしようかという話にもなりました。でも、今さら他のホテルを探すのも面倒だし、問題が明るみになったことで、逆にしっかりした料理が出てくるだろうと……。そうは言っても伊勢エビは出てこないでしょうけどね(笑い)」

    実は、食品偽装問題を受けての年末。問題が発覚した各ホテルでは、信頼回復への足掛かりになればとバンケット(宴会)の受注に力を入れているという。

    ホテル評論家の瀧澤信秋氏が語る。
    「もちろん禊の意味もあるでしょうが、バンケットはホテル事業の中でも利益率の高い“おいしい部門”なだけに、年末の書き入れ時は客を逃したくないのです。なにせ、いつ来客するか分からないレストランに比べ、規模や必要人員の把握が可能なバンケットは、スタッフも効率的に配することができるので、人件費を抑えることができるのです」

    瀧澤氏によれば、一般的にレストランの原価率は30%程度といわれるが、バンケットは20~25%程度が指標になるという。

    そもそも、個人の国内レジャー客やインバウンド(訪日外国人旅行)の増加もあり、客室稼働率が絶好調のホテル業界。何とかこの勢いを削がずに年末を凌ぎたいのがホテル側の本音だろう。

    「2012年1月~6月の東京の主要ホテル平均客室稼働率は77.9%。それが今年同期では83.1%まで上昇しています。バンケットは客室稼働率の上昇に遅れて結果が出るといわれていますし、忘年会と新年会を兼ねて、泊まりがけの宴会需要に応えられるのもホテルならではの魅力。この年末年始は信頼回復の契機とすべく、どこも必死でしょうね」(瀧澤氏)

    もはや名門ホテルの看板が通用しない現在。利用者目線に立ったサービスができているかどうか、厳しく問われる年の瀬には違いない。

    ソースは
    http://www.news-postseven.com/archives/20131128_229123.html



    【【外食】名門ホテル 「原価2割」の忘年会受注で食品偽装の禊を企図 (NEWSポストセブン)】の続きを読む

    1 名前:うっしぃじま悪い肉φ ★[] 投稿日:2013/11/21(木) 05:43:26.51 ID:???
    ★これでは中韓以下ではないか…ホテル百貨店「食材偽装」の惨めさ
    desakisyatyo
     6年前、平成19(2007)年の世相を表す「今年の漢字」は「偽」だった。
    日本漢字能力検定協会が公募で選ぶこの年の上位には、圧倒的多数だった「偽」のほか、「嘘」「疑」などが並んでいる。
    日本人として情けない年だった。

     いうまでもなく、食品偽装が次々と明るみに出た年である。
    産地や賞味期限のごまかし、売れ残りの再利用と、なんでもあり。
    料亭の料理から菓子、肉、ウナギなどなど、これでもかといわんばかりの無節操ぶりだった。

     業界の体質はこれを機に改まったかと思っていたが、さにあらず。驚かざるをえない。

     改めてこの問題を振り返ってホテルなどに欠けていたものは何かと問えば、客や世間の信頼を大切にしようとする姿勢、というにほぼ尽きる。
    不信の連鎖する偽社会にまた日本をおとしめるつもりかと、あきれる。

     最初に世間を騒がせた阪急阪神ホテルズでは、「偽」の年より先、7年前から偽装があったのもさることながら、初動の甘さにも驚いた。
    公表したのは消費者庁への報告から約2週間後、しかも部長クラス。
    その後「偽装ではなく誤表示」と強調した社長は、やがて辞任せざるをえなくなった。

     信頼を失うことの重みを見誤っていたとしかいいようがない。
    意図があろうがなかろうが客を欺いたのであれば、世間の感覚ではこれを偽装という。
    非を認めて謝罪することからしか信頼回復は始まらない。

     一連の問題で目立った「誤表示」「意図はない」の連発も、世間の感覚では言い訳という。
    不信を募らせることにしかならない。6年前、産地偽装が問題になった大阪の料亭の社長(当時)は「意図したものではない」としていたが、翌年、食べ残しの使い回しが発覚。廃業に追い込まれた。(続く)

    zakzak http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20131117/dms1311171730011-n1.htm

    続きは>>2-4


    【【偽装表示】 これでは中韓以下ではないか…ホテル百貨店「食材偽装」の惨めさ】の続きを読む

    このページのトップヘ